尼崎市の焼肉・ぎゅうたん

のお客様の声

タンパク質や鉄分の補給にうって付けの焼肉を尼崎市で

お肉はとてもおいしい一方で、高カロリーで食べ過ぎは健康に良くないといったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかしながら、食べ方次第では太り過ぎを抑制しつつ、良質なタンパク質や鉄分の補給にはこれ以上ない最適な料理であり、同時にキムチ・野菜・魚介類なども尼崎市でお楽しみいただけます。

日本では戦後から肉を焼いてつけだれに付けて食べる文化が広がり、今や日本の国民食の第一線を走る焼肉について、解説してまいります。

高タンパクで鉄分摂取に最適な焼肉を尼崎市近隣のお客様へ

お肉は高タンパクであり、種類にもよりますが鉄分が豊富に含まれていて大変栄養価が高い食材です。特に激しい運動や肉体労働の後に無性にお肉が食べたくなるのは、大量にエネルギーが消費されており、お肉で補給したいと身体が訴えていることに他なりません。ストレス過多なときにも同様ですが、これはお肉のタンパク質からストレスコントロールにも重要な「セロトニン」が生成されるためです。

また、女性の場合は毎月の生理で男性以上に大量の鉄分が消費されるため、お肉で定期的に摂取することでより健康を維持しやすくなるでしょう。鉄分は血中で酸素と結びつくために必要な栄養素であり、これが不足すると貧血になるのは、酸素運搬量が減るためです。お肉の中でも得に「レバー」は豊富な鉄分が含まれていることで有名であり、もちろんメニューにも取り扱いがあるため、貧血が気になる女性には特におすすめのメニューです。

戦後仙台で始まった焼肉の中の牛タン文化を尼崎市で継承

日本で牛タンが愛されるルーツを辿っていくと、仙台に行き着きます。仙台は伊達政宗の領地だったことで有名であり、政宗自身が料理好きで自ら料理をふるまったり、ずんだを発明したりといったことでも知られています。戦後の仙台で食糧難が続く中で、アメリカ人が牛肉を食べていく中で、タンをはじめとする各種ホルモンは捨てられていました。それに注目したのが在日の朝鮮の方々であり、その内臓を入手して直火焼きでホルモン焼きをふるまったのがルーツとされています。

そのような経緯で牛タンは仙台から日本全国に広がり、こうして看板メニューとして牛タン文化を受け継いでおります。A5ランク肉を使用した「黒毛和牛厚切り塩牛タン」は特におすすめであり、肉厚で塩で食べるためごまかしも利かず、牛タン本来のおいしさをご堪能いただけます。これのメニュー以外にも、上塩ネギタン・ニンニク上塩ネギタン・タレタンなど、豊富に取り揃えております。

本場韓国に近い骨付カルビを焼肉メニューとして尼崎市で提供

本来焼肉とは日本食ではなく、朝鮮の料理です。日本の三大国民食の一つであり、残り二つはお寿司とラーメンながら、その中で純日本産の料理はお寿司のみといった状況で、残りの二つが日本独自の文化と融合して発展して現代に至ります。その本場韓国でカルビといったら、特大の骨付カルビであることが多く、ハサミでカットしながら豪快に焼き上げる様は、見ていてお腹が鳴るのを我慢できない方も、きっと多いのではないでしょうか。

このように老若男女を問わず幅広い世代に愛されるカルビは当然メニューに加わっており、中でも本場韓国並みのボリューミーな「ジャンボ骨付カルビ」は一日5枚限定であり、看板メニューの一つです。そのため、3名様以上でのご注文がおすすめであり、スープやキムチなどと一緒に食べるともうやみつきです。尼崎市でカルビの赤みの歯応えと脂身の甘みを、口に含んだ瞬間にジュワッ広がる様を体感したい方々をおもてなしします。